ケトコナゾールでフケ防止

水虫治療は皮膚科でチェックを受けてケトコナゾール

水虫は足に出来てむずむずとかゆくなるタイプだけでなく、爪に症状が出る爪水虫もあります。
これらの病気は白癬菌という真菌(カビ)の一種によって起こる感染症で、足に出来るものが足白癬(水虫)として代表的な存在ですが、手に症状が出る手白癬や体に起こる体部白癬(ぜにたむし)なども昔からある病気です。
水虫に悩んでいる場合、病院に行くなら皮膚科ですが、皮膚科を受診するとまず症状が出ている部分の皮膚や爪をとって、顕微鏡でチェックします。
これは、患部に白癬菌がいるかどうかをチェックするためのもので、ケトコナゾールなどの白癬菌に有効な薬を処方するかどうかを決めるために必要な検査です。
ケトコナゾールは白癬菌などの真菌の殺菌が出来る薬なので、足白癬の治療以外にも、体部白癬や股部白癬、カンジダ症などに対しても処方されることがあります。
水虫は治りにくいというイメージがある病気ですが、皮膚科で症状の原因が水虫であるというきちんとしたチェックを受け、その治療に適したケトコナゾールなどの抗真菌薬を根気良く塗り続ければ完治させることが可能です。
なお、症状が収まったように見えても白癬菌は完全に殺菌出来ていないと再発する可能性があるため、医師に診察を受けて薬を塗らなくても良いと言われるまでは塗り薬を続けることが完治させるための秘訣となります。
さて、爪の水虫は特に治りにくい病気と言われており、従来は飲み薬の抗真菌薬で治療していましたが、その薬も効きにくい人がいるなどの問題点がありました。
近年では爪水虫にレーザー治療を施す皮膚科が出てきており、内服薬を飲みたくない人などに利用されています。
爪水虫のレーザー治療はレーザーを照射することにより、爪の白癬を蒸散させたり殺菌することで治療を行います。
爪水虫のレーザー治療にかかる期間は6~10カ月ほどが目安となるので、綺麗な爪に戻したいなら気長に治療に取り組んでみましょう。