ケトコナゾールでフケ防止

爪水虫の治療薬ケトコナゾール内服薬を海外から入手

かびの仲間は真菌と呼ばれ、その真菌のうちの白癬菌が足の皮膚に感染したものが水虫です。
身体に皮膚の足以外にも真菌の感染症はあり、抵抗力が落ちている時に発症しやすいカンディダ症とか高温多湿の時に起きやすい癜風というのもあります。
ケトコナゾールは、このような皮膚に真菌が感染した時に効果のある薬です。
1日に1回塗ればよく、強い抗真菌力があり、いろいろな種類の真菌に効果がありますので、辛抱強く治療を続けると、完全に治すことができます。
真菌は人の細胞と違ってエルゴステロールと言う成分の細胞膜をもっており、このエルゴステロールが真菌のなかで作られるのをケトコナゾールは阻害して、真菌の発育を阻止したり、殺菌してしまいます。
日本では、外用薬としてのみ、医療機関で処方されています。
2002年に殺菌的に真菌に作用する抗真菌薬が町の薬局やドラグストアで発売される用になり、足の水虫の治療や大変楽になりましたが、水虫が完治するには足の角質細胞が完全にターンオーバーするまで使い続けないと、完治は難しいのですが、症状が消えた段階で、治療を止める場合も多く、治りにくい水虫が増えてきています。
現在は、「水虫かな」と思うと、まず病院で顕微鏡検査を受け、水虫であることを確認してから治療を続けることが大切です。
最近は、水虫と自己判断してもそうでない場合もあり、病院での検査は、大切になっています。
水虫であると病院で確認できても、病院に通う時間がなかったり、長い期間病院に通うのが難しい場合は、ケトコナゾールを海外から個人輸入をするというのも一つの選択肢です。
海外からの個人輸入サイトを使うと、外用薬では治らない爪水虫に効果のある内服薬も手に入れる事が出来ますので、水虫が爪にまで感染した場合は、信頼できる海外からの個人輸入サイトを利用する事も検討してみましょう。