ケトコナゾールでフケ防止

ケトコナゾールは真菌の発育を抑制または阻止できる

ケトコナゾールは抗真菌薬として水虫やカンジダに対して有効性がある治療薬です。水虫や皮膚カンジダ、脂漏性皮膚炎などに対して有効とされているものであり、こういった疾患の際にはクリームやローション、液剤などとしてよく用いられています。外用薬であるため副作用も少なく、そのメカニズム上も副作用が少ないと期待されるものです。ケトコナゾールの基本的なメカニズムは真菌が発育するのに必要となるエルゴステロールの生合成を阻害することであり、これによって殺菌的に効果を示します。エルゴステロールは人の細胞では生合成されておらず、必要なものでもありません。それに対して真菌にとっては細胞膜を構成する成分の一つとしてなくてはならない物質です。こういった人と真菌の細胞の性質の違いに着目して作用するものであることから、ケトコナゾールは副作用が少なくて使い勝手が良い薬となっています。エルゴステロールはメバロン酸経路と呼ばれる生合成経路において合成されるラノステロールから誘導されますが、ラノステロールを基質とする酵素であるラノステロールC-14脱メチル化酵素の機能を阻害することによってエルゴステロールの産生を抑制するのがケトコナゾールです。こういった形でエルゴステロールの生合成を行えなくするというのが抗真菌薬に共通するメカニズムであり、それによって真菌が発育するのを抑制あるいは阻止することができるのです。効果が比較的持続しやすいケトコナゾールは一日一回の塗布で水虫やカンジダに対して有効であるというのも特徴の一つです。真菌の治療は長期戦になりやすいことから、塗布の回数が少なくて良いというのは大きなメリットになるからです。
■薬の個人輸入で自宅で病気を治す!
イトリゾール
■多様な種類の医薬品を販売しています
薬 通販